SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R02K0419

2011年版 台湾HTCのスマートフォン事業の成功要因と日本企業戦略

出版日 2011年1月
価格
印刷タイプ 210,000円(税込)
ページ数 A4判 152ページ
編集 (株)シード・プランニング

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

レポート内容

■概要■
 スマートフォン市場は、2010年のグローバル携帯電話市場の2割を占め、急成長しています。2011年~2013年にかけて携帯電話の半分をスマートフォンが占めるようになる見通しです。
 台湾HTCは、こうした中にあって、早くからスマートフォン特化戦略を展開し、Apple・iPhone対抗の有力ベンダーの位置にあります。Windows Phone及びAdroid端末のリーダーとして成長してきています。
 台湾HTCのスマートフォン事業の成功要因を、発展の歴史、スマートフォン特化戦略、欧州市場成功からグローバル展開、OEMビジネスと自社ブランドの展開戦略、ビジネスモデル、マーケティング戦略をキーワードに分析しています。
 日本のベンダー企業戦略にとって、東アジア・台湾の小さな企業から2010年スマートフォン2,450万台、2011年には2倍増加を目指しているHTCの企業戦略を参考とすることは、時宜に適しています。本調査資料は、日本の企業戦略としての重要な教訓・諸点を取りまとめています。
 シード・プランニングがこれまでに発刊した「携帯電話の世界市場」シリーズ16冊、LTE等「次世代携帯電話」シリーズ9冊、「スマートフォン」シリーズ2冊等の成果の上に立って、今回、「海外現地調査及び事例研究」シリーズの3回目として発刊しました。

■ポイント■
・スマートフォン市場は急成長。2011年~2013年にかけて携帯電話の
半分をスマートフォンが占めるようになる見通し。2014年8億台に成長する。
・HTCは、スマートフォン市場シェア10%実現を目指している。
・HTCの成長戦略は、
 ①展開ターゲット国は、市場ボリュームの大きな国・地域、
モバイルインターネットやモバイルデータ通信が市場ニーズとなっている国。
 ②展開国で市場シェアを確保するためには、その国における圧倒的シェアとなる
複数キャリアに対して販売し、キャリアブランド、自社ブランドそれぞれ
条件に応じた展開を行う。日本では4キャリアすべてに販売している。
 ③展開国に対しては、販売・マーケティング体制及び保守サービス体制を
先行構築。参入の約半年くらい前に、準備体制を作り、保守サービス担当者を
配置して、HTC 台湾と展開国キャリア等とのパイプを確立する。

-CONTENTS-
はじめに
調査概要

<1>HTC成長の歴史
1.HTCが携帯電話事業で注目される理由
(1)東アジア地域の小さな企業からの成功
(2)スマートフォン端末特化戦略
(3)欧州市場の成功からグローバル展開
2.HTC成長の歴史
(1)HTC成長の段階
(2)HTC成長の歴史
(3)HTCビジネスモデル移行の歴史

<2>HTCの業績指標・企業概要
1.企業概要
(1)基本情報
(2)組織体制
(3)基本メッセージ
(4)日本HTC
2.業績指標
(1)売上高
(2)地域別売上高
(3)事業経費
(4)販売台数

<3>HTCのビジネスモデル
1.オープン戦略/構築しているビジネスモデル(Business Model)
(1)共通プラットフォーム/オープン戦略
(2)スマートフォン特化戦略
2.ODM、OEM、自社ブランド戦略
(1)3つのビジネスモデル
(2)OEMビジネスモデルと自社ブランドの両方を展開
(3)主要ビジネス条件

<4>HTCのSales、Marketing
1.マルチキャリア展開と小売業者展開
(1)多数の携帯キャリア、小売事業者を通した販売
(2)携帯キャリアへの展開
(3)小売事業者/流通業者への展開
2.欧州市場における販売・マーケティング
(1)欧州市場における販売
(2)欧州主要5ヶ国販売チャネル
(3)欧州スマートフォン市場
3.米国市場における販売・マーケティング
(1)米国市場における販売
(2)米国市場を主力に位置付け展開
(3)米国スマートフォン市場
(4)米国とカナダ、ブラジルとの違い
4.グローバル市場
(1)日本市場
(2)ブラジル市場
(3)BRICs及び新興国市場
5.宣伝・プロモーション
(1)携帯電話キャリアとのタイアップ
(2)HTCブランドの展開

<5>HTCの保守サービス
1.保守サービスの展開
2.保守サービス体制

<6>HTCの商品企画/研究開発
1.商品/研究開発
(1)商品研究開発
(2)HTC台湾による研究開発体制
(3)Android開発
(4)Windows Mobile開発
(5)「失敗してもOK」という方針
2.商品戦略
(1)スマートフォンの先行商品発売
(2)スマートフォン端末の豊富な商品構成
(3)スマートフォン商品展開
3.製造
(1)製造受託の経験/製造技術
(2)製造拠点

<7>HTCの成長戦略と日本企業
1.HTCの成長戦略
(1)展開国ターゲット
(2)参入戦略
(3)厳しい競合関係の中での成長戦略
2.日本企業の課題

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850