SSK 新社会システム総合研究所 TOPお問合せサイトマッププライバシーについて特定商取引に関する法律
セミナー調査レポート受託調査FAQ関連リンクメールサービス会社概要採用情報
トップ > 調査レポート > レポート詳細ページ
レポート
and or
お問い合せ
レポート申込みについての
お問い合せ
  E-mail : nbd@ssk21.co.jp
▼情報/通信
▼移動体/無線
▼インターネット/EC
▼コンピュータ/IT
▼放送/メディア
▼医療/バイオ
▼環境/エネルギー/化学
▼製造/電子
▼経営/金融
調査会社一覧

レポート情報
No.R02G0099  申込可能
2012年「ビッグデータ(BigData)」ビジネス白書
〜国内主要17社・団体のケーススタディ&集計・分析レポート〜
出版日 2012年8月
価格 157,500円(税込)(印刷+CD-ROM)
105,000円(税込)(印刷タイプ ※1部カラー)
105,000円(税込)(CD−Rタイプ ※全てカラー)
ページ数 A4判 239ページ
発行<調査・編集> (株)ESP総研
備考:
 

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。
★お申込みは一番下の申込みフォームからお入り下さい★
レポート内容
■ポイント■
・「ビッグデータ(BigData)」先端プレイヤー&ユーザー(17社・団体)の
 取り組み最前線(最新ビジネスの実態を多面的かつ多層的にヒアリング&
 レポート)
・最新の「ビッグデータ(BigData)」ビジネス・ケーススタディ(16社・団体)
 を調査項目別に徹底的に集計&分析
・日本市場における「ビッグデータ(BigData)」実態ビジネスの現状を把握し、
 次の商機(チャンス)を掴むための深堀調査レポート

■はじめに■
  2012年度上期もあと残すところ1カ月余りとなったが、引き続きIT業界においては「ビッグデータ(BigData)」ブームが加速している。
 近年、"情報爆発"とも形容されるほど、企業を取り巻くデータ量が増大しているものの、めまぐるしく変わる市場環境に追従するためには、従来からある構造化データのみならず、ソーシャルメディア上のテキストデータなど、非構造化データも活用対象としなければならない。こうした「大量データを収益向上に生かす取り組み」として「ビッグデータ(BigData)」がキーワードとなっているが、大量の情報を効率的に収集・蓄積し、部門の壁を超えて柔軟に共有・活用する、分析する、予測・予兆・予見するなど、データを眠らせず、積極的に生かしていく取り組みが注目されている。特に、収集・蓄積・保存、共有、分析、コンサルティングといったビックデータ活用の在り方と意義が注目されている。
 こうした「ビッグデータ(BigData)」ブームの背景には、ここ数年、利用者が急激に拡大しているソーシャルメディア内のテキストデータ、携帯電話・スマートフォンに組み込まれたGPS(全地球測位システム)から発生する位置情報、時々刻々と生成されるセンサーデータなど、日々の生活の中で生み出されるデータが、数年前とは比べ物にならないほど膨大かつ複雑になってきているといったことがある。
 所謂、情報爆発、ビッグウェーブと呼ばれるように、日々多くのデータが生み出され、蓄積されている現在、莫大な量のデータからこれまでにない情報が得られるのではないか?と期待されている。既に、ソーシャルメディアの大量のデータはマーケティング部門で利用され始めている上、大規模データをすばやく分散処理して管理できるHadoopも、一部の企業では実際に使われ始めている。
 そういった中で、2011年度 下期以降、「ビッグデータ(BigData)」のリーディング・プレイヤーならびに先進的なユーザーにおける「ビッグデータ(BigData)」に対する最新の取り組みを早急に纏めてほしい!(深堀調査を実施して欲しい!)といった強い要望やリクエストを頂いた。
 従ってリストアップした当該参入プレイヤー66社・団体 全て(100%)に対して取材依頼を実施し、そのうち合計17社・団体(25.8%)から「ビッグデータ(BigData)」に対する取り組みを取材することができた。
 具体的には、当該主要各社に対して 「ビッグデータ(BigData)」ビジネスの定義範囲、平均販売実績)価格帯、「データ」種類や「データ」量、適用分野や販売ターゲット、主要技術、ビジネスモデル、販売チャネル、重点戦略(売上拡大のための施策・具体的な努力:直接的手段or間接的手段など)、他社との差別化戦略・差別化ポイント、開始時期、導入実績、前年比伸長率、(今後の数値)目標(数量ベース、金額ベース)、潜在市場規模(認識数値)、競合プレイヤー数(認識数値)、当該(ビッグデータ(BigData)関連)売上計画(2011年度〜2015年度)、市場拡大要因、市場阻害要因、ユーザー事例、競合認識、ビッグデータ(BigData)」を取り巻く市場概況(「ビッグデータ(BigData)」事業の外部環境全般) などを中心に多面的且つ多層的にヒアリング調査を実施した。
 今回、ご多忙にも関わらず「取材協力」頂いた17社・団体の皆様にはこの場を借りて心から深く感謝申し上げると共に、この調査報告書が「ビッグデータ(BigData)」関連ビジネスに着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

−CONTENTS−
2012年「ビッグデータ(BigData)」ビジネス白書
〜国内主要17社・団体のケーススタディ&集計・分析レポート〜
(T字型調査の実施:垂直深堀調査重視)

<1>調査対象リスト一覧 編
「ビッグデータ(BigData)」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス
(66社/団体)

<2>総括 編
総括(結論)(主要各社における「ビッグデータ(BigData)」ビジネスの現状分析と
コンサルティング)

・「ビッグデータ(BigData)」ビジネスの定義範囲について
・市場概況(結論)×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&
 今後のシナリオ予測
・主要10社・団体における「ビッグデータ(BigData)・ビジネス」 (平均販売実績)
 価格帯×当該売上(2011年度 実績) 相関クロス
・「ビッグデータ(BigData)」定義について(「データ」種類や「データ」量について)
  に関する集計&分析<N=16(MA)>(1)
・「ビッグデータ(BigData)」定義について(「データ」種類や「データ」量について)
  に関する集計&分析<N=16(MA)>(2-1)
・「ビッグデータ(BigData)」定義について(「データ」種類や「データ」量について)
 に関する集計&分析<N=16(MA)>(2-2)
・ 「ビッグデータ(BigData)」ビジネス×「適用分野」「販売ターゲット」(現状)
 コンサルティング(16社・団体から)
・当該16社・団体における「適用分野」別 合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)
 ×実績(多少)クロス MAP
・適用分野、販売ターゲット<現状>×俯瞰図≪31セグメント別×分類≫【N=16】
・ビッグデータ(BigData)」ビジネス×潜在市場規模推移
 ( (株)シー・エル・シー が掲げているトータル市場規模仮説をブレークダウン) 
 *構成は、ソフトウェアの販売、ハードウェアの販売、ソフトの開発など)
 <適用分野×主要セグメント別>
・「ビッグデータ(BigData)」ビジネス×潜在市場規模推移(SAPジャパン(株) が
 掲げているトータル市場規模仮説をブレークダウン(数千億円市場規模が妥当な
 潜在市場規模の桁)<適用分野×主要セグメント別>
・「個票要約(16社・団体)分析」 ×「適用分野」別比率シェア調査結果
・「主要技術」に関する集計&分析<N=16(MA)>(1)
・「主要技術」に関する集計&分析<N=16(MA)>(2)
・「ビジネスモデル」に関する集計&分析<N=15>
・「販売チャネル」に関する集計&分析<N=15>
・「重点戦略(売上拡大のための施策・具体的な努力:直接的手段or間接的手段
 など)」に関する集計&分析<N=15(MA)>(1)
・「重点戦略(売上拡大のための施策・具体的な努力:直接的手段or間接的手段
 など)」に関する集計&分析<N=15(MA)>(2)
・「他社との差別化戦略・差別化ポイント」に関する集計&分析<N=16(MA)>(1)
・「他社との差別化戦略・差別化ポイント」に関する集計&分析<N=16(MA)>(2)
・開始時期×当該単年売上規模(2011年度 実績)の相関(XY軸)マッピング
 <N=14(MA)>
・「導入実績(累計数量、ビッグデータ(BigData)関連 単年売上)」に関する集計
 &分析<N=12>
・前年比伸長率から見えてくる当該市場概況<前年比伸長率×コメント・キーワード
 ×当該単年売上規模 クロス><N=16>
・ 「(今後の数値)目標(数量ベース、金額ベース)」に関する集計&分析<N=15>
・潜在市場規模(認識数値)×競合プレイヤー数(認識数値) ×当該売上
 (実績数値)から見えてくること(仮説:重要トピックス)<N=14>
・「当該(ビッグデータ(BigData)関連)売上計画(2011年度〜2015年度)
 <金額ベース>」に関する集計&分析<N=11>
・「市場拡大要因(ビッグデータ(BigData)) 」に関する集計&分析
 <N=16(MA)>(1)
・「市場拡大要因(ビッグデータ(BigData)) 」に関する集計&分析
 <N=16(MA)>(2)
・「市場阻害要因(ビッグデータ(BigData)) 」に関する集計&分析
 <N=14(MA)>(1)
・「市場阻害要因(ビッグデータ(BigData)) 」に関する集計&分析
 <N=14(MA)>(2)
・「ユーザー事例」に関する集計&分析<N=14(MA)>(1)
・「ユーザー事例」に関する集計&分析<N=14(MA)>(2)
・調査対象企業別×「競合認識」「セグメント別参入企業プレイヤー数」に関する
 相関・俯瞰図<N=15>(1)
・調査対象企業別×「競合認識」「セグメント別参入企業プレイヤー数」に関する
 相関・俯瞰図<N=15>(2)
・調査対象企業別×「競合認識」「セグメント別参入企業プレイヤー数」に関する
 相関・俯瞰図<N=15>(3)
・ 「 「ビッグデータ(BigData)」を取り巻く市場概況(「ビッグデータ(BigData)」事業の
 外部環境 全般) 」に関する集計&分析<N=16(MA)>
・主要16社・団体における「ビッグデータ(BigData)」ビジネス×適用分野 
 マトリックス一覧(企業別×適用分野別 星取表)<31セグメント>
・主要16社・団体における「ビッグデータ(BigData)」ビジネス×適用分野 
 マトリックス一覧 点数化(適用分野有望度MAP:俯瞰図)
・主要16社・団体における「ビッグデータ(BigData)」ビジネス×分野・対象別
 ×全体に占める「適用分野(着眼点と実績)」比率、「ビッグデータ(BigData)」
 ビジネス×潜在市場規模換算×ランキング≪31セグメント≫
・「ビッグデータ(BigData)」ビジネス×実態調査結果・マトリックス
 (ポイント・キーワードのみ)<企業・団体別×調査項目別>(17社・団体分)

<3>個票 編(訪問取材 中心)
・EMCジャパン(株)
・クリックテック・ジャパン(株)
・(株)ザイナス
・SAS Institute Japan(株)
・ SAPジャパン(株)
・ (株)シー・エル・シー 
・シーティーシー・エスピー(株) 
・ジェミナイ・モバイル・テクノロジーズ(株)
・帝京大学 医療情報システム研究センター
・日本電気(株)
・日本ヒューレット・パッカード(株)
・ (株)博報堂
・パナソニック ソリューションテクノロジー(株)
・ (株)プラスアルファ・コンサルティング
・(株)ブレインパッド
・三井情報(株)
・(株)モディファイ

【各社共通調査項目】
*ユーザーである、帝京大学 医療情報システム研究センター は除く

1.「ビッグデータ(BigData)」関連/中核プロダクツ&ソリューション(SIなど)
 【取り組み全般】
 ・製品(ハードウェア、ソフトウェア)、ソリューション(SI)、サービス(SaaS、
  ASPなど)概要(具体的なメニュー内容)や料金体系:平均導入実績価格
  <実績ベースを中心に>など
 ・「ビッグデータ(BigData)」定義について(「データ」種類や「データ」量について)
2.適用分野・対象用途エリア(エリア・分野、業種・業務)、販売ターゲット
3.主要技術(注目、軸、活用など)
4.ビジネスモデル・販売チャネル
 ・ビジネスモデル
 ・販売チャネル
5.重点戦略・差別化戦略
 ・重点戦略(売上拡大のための施策・具体的な努力:直接的手段or
  間接的手段など)
 ・他社との差別化戦略・差別化ポイント
6.開始時期・導入実績・(今後の)目標
 ・開始時期(  年 月)
 ・導入実績(累計数量、ビッグデータ(BigData)関連 単年売上)
 ・前年比伸長率
  (ビッグデータ(BigData)関連売上で、前年と比べた直近伸長率%)
 ・(今後の数値)目標(数量ベース、金額ベース)
7.当該市場規模(感)/当該売上計画(2011年度〜2015年度)
 ・当該(ビッグデータ(BigData)関連)市場規模(感)
 <2011年度時点(金額ベース)>
 ・御社における当該(ビッグデータ(BigData)関連)売上計画
 (2011年度〜2015年度)<金額ベース>
8.市場拡大要因/市場阻害要因(ビッグデータ(BigData))
 ・市場拡大要因(ビッグデータ(BigData))
 ・市場阻害要因(ビッグデータ(BigData))
9.ユーザー事例/競合&当該プレイヤー数(合計)認識
 ・ユーザー事例
 ・競合/当該参入プレイヤー数(合計)認識
 (具体的な競合認識プレイヤー名、当該参入プレイヤー数 合計認識)
10.「ビッグデータ(BigData)」を取り巻く市場概況(「ビッグデータ(BigData)」
  事業の外部環境 全般)

【ユーザーである、
 帝京大学 医療情報システム研究センター にヒアリングした項目】

1.「ビッグデータ(BigData)」に対する取り組み(過去からの現在までの経緯)
  について
2.「院内」トランザクション
3.システム・イメージ(概念図など)
4.「ビッグデータ(BigData)」関連IT予算(投資、リプレースなど)
5.「ビッグデータ(BigData)」データ容量と種類(の変化・推移など)
6.「ビッグデータ(BigData)」関連ITシステム 導入時の課題・悩みについて
7.「ビッグデータ(BigData)」関連ITベンダの選定理由について
8.「ビッグデータ(BigData)」関連機器・システムの評価・満足度について
9.今後の「ビッグデータ(BigData)」関連機器・システムなどのIT投資(拡張)
  計画について
10.「ビッグデータ(BigData)」による変革(イノベーション)について
11.「ビッグデータ(BigData)」関連ITベンダへのリクエストについて
12.「ビッグデータ(BigData)」関連陣容(スタッフ・組織)について
13.「ビッグデータ(BigData)」への期待について

■調査対象■
Web上にて「ビッグデータ」と言及している事業者(プレイヤー)<66社・団体>すべてに(電話やメールにて)取材依頼アプローチを行い、訪問取材を中心にヒアリングを行った。その結果、累計17社・団体(取材アプローチ企業全体の25.8%)に対して深堀ヒアリングを実施できた。
*回答企業・団体の中には「ビッグデータ」ユーザーも含まれている

■調査方法■
ESP総研専門調査員による訪問取材、並びに電話でのヒアリングまたはメールによる追加的な情報収集、ESP総研データベースの活用により調査・分析を行った(主は訪問取材であった)。

■調査&レポート期間■
2012年4月10日(電話にて取材アプローチ開始)〜2012年6月1日まで深堀調査(訪問取材、電話にてフォローヒアリング)を実施した。その後、レポーティング(集計&分析)を実施し、2012年8月20日に集計&分析ならびにコメント化が終了した


申込みフォーム
copyright