SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R02G0062

2011年「ICTを利活用した「CO2削減」ビジネス(ソリューション/ SI、プロダクツ販売<ハードウェア販売、ソフトウェア販売>、サービス提供 など)に関する市場調査

~「 ICTを利活用した『CO2削減』ビジネス」の当該主要(26社) プレイヤーに対する最新のビジネス実態を多面的且つ多層的にヒアリング~

出版日 2011年2月
価格
印刷+CD-ROMタイプ 149,625円(税込)
印刷タイプ 99,750円(税込)
CD-ROMタイプ 99,750円(税込)
ページ数 A4判 152ページ
発行<調査・編集> (株)ESP総研

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

レポート内容

■概要■
・調査対象 抽出フロー&分類分け、調査対象リスト一覧
 ⇒調査対象プレイヤーの抽出方法:「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」
プレイヤーは?
・「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」に関する市場調査」×
調査対象定義と当該市場の現状報告(速報) 担当調査員より
・「CO2削減」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス
(113社/部門)&深堀調査対象外とした、その理由レポート(84社) 
・「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」の定義範囲
・市場概況(結論)×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&
今後のシナリオ予測
・当該売上額(TOTAL)推移(2009年度~2013年度)の換算
ならびにビジネスモデル別当該売上額推移(2009年度~2013年度)の
換算
・ビジネスモデル×売上実績・予測から換算できる当該ビジネスモデル別
構成比率(%)の変化・シナリオ
・「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」の市場占有率<シェア>
(2009年度:実績)ならびに当該売上ランキング(2009年度:実績)
・「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」の競合認識、競合プレイヤー分析
 →競合の数から当該参入プレイヤーを推察(仮説)ならびに「ICTを
利活用したCO2削減ビジネス」の定義別×競合認識、参入プレイヤー数
認識
・「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」×重点「適用分野」「販売
ターゲット」仮説(コンサルティング)
・「適用分野」別 合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×実績(多少)
クロスMAPならびに適用分野<現状>×俯瞰図
・「 ICTを利活用したCO2削減ビジネス」実態市場規模推移
「2009年度⇒2013年度」<適用分野×主要セグメント別>
・「適用分野」調査結果、「ビジネスモデル」集計&分析、「販売チャネル」
(ゼロ段階)&「販売チャネル」(1段階)、開始時期×当該単年売上規模
(2010年度 見込)の相関(XY軸)統計ならびにマッピング、導入
実績(累計数量ベース)×金額ベース(当該単年売上:2009年度 
実績)から言えること&相関統計、前年比伸長率から見えてくる当該市場
概況<前年比伸長率×コメント・キーワード×当該単年売上規模 クロス>、
「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」ベンダ×価格定義&具体的な価格
指標一覧(26社)、分野・対象別×全体に占める「適用分野(着眼点と
実績)」比率、売上高換算(主要26社)マトリックス一覧、適用分野
マトリックス一覧(企業別×適用分野別 星取表)、適用分野&対象エリア
(着眼点と実績)マトリックス一覧 点数化(適用分野有望度MAP:俯瞰図)
・「ICTを利活用したCO2削減」ビジネス 主要ベンダ(26社)
当該売上予測(2009年度~2013年度:5カ年)推移×ビジネス
モデルMAP 一覧
・当該(ICTを利活用したCO2削減ビジネス)単年売上×算出根拠
レポート(26社)
・「ICTを利活用したCO2削減」ビジネス×深堀実態調査結果・
マトリックス<企業別×調査項目別>
・個票(要約) ケーススタディ<26社分>
 (1)関連/中核プロダクツ(製品)&ソリューション(SI)&サービス
概要(具体的なメニュー内容や料金体系:平均導入実績価格
<実績ベースを中心に>など)
 (2)適用分野・対象エリア(エリア・分野、業種・業務)
<比率シェアなど>
 (3)ビジネスモデル
    -ハードウェア販売
    -ソフトウェア販売
    -SI
    -ASPやSaaSなどのサービス提供
    -コンサルティング
    -ソフトウェア開発
    -システム販売(ハードウェア+ソフトウェアの提供)
    -その他
 (4)販売チャネル
    -直販・間販の比率
    -代理店名など
 (5)開始時期(  年 月)
 (6)導入実績(累計数量、単年売上など)
 (7)前年比伸長率など(同社における当該販売数量または当該売上に関して)
 (8)当該プレイヤー数(合計)認識
 (9)参考情報
    -URL
    -電話番号
    -売上高(全社)
    -従業員数
    -設立年月
 (10) 当該ビジネス×売上推移(予測)

■はじめに■
 2010年度末に突入したが、今やIT業界において「IT」を利活用した「環境ビジネス」、つまり「環境ITビジネス」が注目を浴びている。
 中でも、「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」は「環境ITビジネス」における有望ビジネス、成長ビジネスとして数多くのITベンダから期待を寄せられている。
 こうしたことから、注目の「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」が今現在、実態的にどの程度進み、短期的かつ長期的に見てどういった分野(セグメント)でどの程度の市場(規模)が見込めるのか?時間軸別に市場浸透ロードマップを客観的にチェックし、「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」・シーズの「セグメント&ビジネスモデル別 有望度評価」「セグメント&ビジネスモデル別(実態/潜在)市場規模」を定点観測しながら多面的且つ網羅的に市場全体を俯瞰することが求められている。
 「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」によって、「工場、事業所が1500Kリットル以上のエネルギーを使っている工場、工場など連続稼働する産業向け」「介護施設」「病院」「パチンコ店」「コンビニ」「一般企業×事業所を多く持っている企業、一般企業」「24時間稼働している建物」「ホテル」「分野は問わず、パソコンが50台以上ある企業」「スーパー、スーパーなど冷却機器(冷蔵庫)を扱っている企業・店舗」「製造業」「オフィス・ビル(のオーナーなど)、ビル管理、一般オフィス」「中堅企業(従業員200人規模の会社など) 」「土地測量会社など現場関連職種」「環境会社など現場関連職種」「物販店で多店舗展開(100~500店舗)しているフランチャイズ企業」「地方自治体」「自動車会社など、自動車関連会社(トヨタ九州・ホンダ・三菱など) 」「学校」「土木関連業者」等、幅広い社会・経済活動への寄与が期待されている。特に、今後の省エネ・環境推進社会に向けて着実に安全・安心・エコな社会を実現するために「ICTを利活用したCO2削減」(ビジネス)の果たすべき役割は大きいと言えるだろう。
 今や「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」は産学官共に最も注目・期待しているポテンシャル・ビジネス・テーマの一つといえよう。
 2010年度は特に「環境ITビジネス」 に対する期待、注目度が高まった年といえるが、特に「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」の実態(実状)、可能性について深堀調査したいといった要望(声)を数多くの企業(業種/部門)から頂いていた。
 従ってESP総研では、最新の「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」の全貌、将来の見通しを明確化するべく、当該主要企業(26社)へのインタビューを多面的に実施し、2010年12月時点で顕在化している「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」&シーズ(適用分野)20セグメントを抽出、ターゲッティング分野×ポテンシャリティ探索・評価、「ICTを利活用したCO2削減」関連ビジネスに関する市場規模の算出を行った。特に重点を置いたのは20セグメント別「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」のポテンシャル・ターゲット視野/重点ターゲット領域のクロス集計・分析、セグメント(ハードウェア販売/ソフトウェア販売・開発/システム販売/コンサルティング/SaaS&ASPサービス)別「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」の顕在市場規模推移(2009年度~2013年度)といった市場(規模)予測である。
 今回の調査によって、 「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」についてどの分野(セグメント)でどの程度の規模のマーケットが創出され、どのようなスピード(時間)とベクトル(方向性)で拡大していくのか?を多面的に調査した。この調査報告書が「環境ITビジネス」ならびに「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」に着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

-CONTENTS-
<1>調査対象 抽出フロー&分類分け、調査対象リスト一覧 編
・調査対象プレイヤーの抽出方法:「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」
プレイヤーは?(1)
・調査対象プレイヤーの抽出方法:「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」
プレイヤーは?(2)
・「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」に関する市場調査」×調査対象
定義と当該市場の現状報告(速報) 担当調査員より
・「CO2削減」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス
(113社/部門)
・深堀調査対象外とした、その理由レポート(84社)

<2>総括 編
・「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」の定義範囲について
・市場概況(結論)×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&
今後のシナリオ予測
・当該200社(個票要約分析)×当該売上額(TOTAL)推移
(2009年度~2013年度)の換算(2010年12月 調査時点)
・当該主要26社(個票要約分析)×当該売上額(TOTAL)推移
(2009年度~2013年度)の換算(2010年12月 調査時点)
・当該主要23社(個票要約分析)×当該売上額(TOTAL)推移
(2009年度~2013年度)の換算(2010年12月 調査時点)
・当該200社(個票要約分析) ×ビジネスモデル別 当該売上額推移
(2009年度~2013年度)の換算(2010年12月 調査時点)
・当該主要26社(個票要約分析)×ビジネスモデル別 当該売上額推移
(2009年度~2013年度)の換算(2010年12月 調査時点)
・当該主要23社(個票要約分析)×ビジネスモデル別 当該売上額推移
(2009年度~2013年度)の換算(2010年12月 調査時点)
・当該200社(個票要約分析)ビジネスモデル×売上実績・予測から
換算できる当該ビジネスモデル別 構成比率(%)の変化・シナリオ
(2010年12月 調査時点)
・当該主要26社(個票要約分析)ビジネスモデル×売上実績・予測から
換算できる当該ビジネスモデル別 構成比率(%)の変化・シナリオ
(2010年12月 調査時点)
・当該主要23社(個票要約分析) ビジネスモデル×売上実績・予測から
換算できる当該ビジネスモデル別 構成比率(%)の変化・シナリオ
(2010年12月 調査時点)
・「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」の市場占有率<シェア>
(2009年度:実績)ならびに当該売上ランキング(2009年度:実績)に
ついて
・「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」の競合認識、競合プレイヤー分析
 →競合の数から当該参入プレイヤーを推察(仮説)する ※認識なし、数値
指標なし はカットした<1>
・「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」の競合認識、競合プレイヤー分析
 →競合の数から当該参入プレイヤーを推察(仮説)する ※認識なし、数値
指標なし はカットした<2>
・「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」の定義別×競合認識、参入
プレイヤー数認識(基本的には国内での認識)
・「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」×重点「適用分野」「販売
ターゲット」仮説(コンサルティング)
・当該26社における「適用分野」別 合計点数(裏付け)検証 有望度
(全体)×実績(多少)クロスMAP(2010年12月 調査時点)
・適用分野<現状>×俯瞰図
・「 ICTを利活用したCO2削減ビジネス」実態市場規模推移
「2009年度⇒2013年度」(主要26社換算)
 <適用分野×主要セグメント別>(2010年12月 調査時点)
・「 ICTを利活用したCO2削減ビジネス」実態市場規模推移
「2009年度⇒2013年度」(当該200社換算)
 <適用分野×主要セグメント別>(2010年12月 調査時点)
・「個票要約(26社)分析」 ×「適用分野」調査結果
<2010年12月時点>(1)
・「個票要約(26社)分析」 ×「適用分野」調査結果
<2010年12月時点>(2)
・個票要約(26社)「ビジネスモデル」集計&分析(1)2010年12月時点
・個票要約(26社)「ビジネスモデル」集計&分析(2)2010年12月時点
・個票要約(26社)「ビジネスモデル」集計&分析(3)2010年12月時点
・個票要約(26社)「ビジネスモデル」集計&分析(4)2010年12月時点
・個票要約(26社)「ビジネスモデル」集計&分析(5)2010年12月時点
・「個票要約(26社)分析」×「販売チャネル」(ゼロ段階)
2010年12月時点
・「個票要約(26社)分析」×「販売チャネル」(1段階)2010年12月時点
・開始時期(2010年12月 調査時点)×当該単年売上規模
(2010年度 見込)の相関(XY軸)統計<N=34>
・開始時期(2010年12月 調査時点)×当該単年売上規模
(2010年度 見込)の相関(XY軸)マッピング<N=23>
・導入実績(累計数量ベース)×金額ベース(当該単年売上:2009年度 
実績)から言えること<N=23(マルチアンサー)>
 ※あくまで累計実績を抽出
・導入実績(累計数量ベース)×金額ベース(当該単年売上:2009年度 
実績)の相関統計<N=23(マルチアンサー)>
・前年比伸長率から見えてくる当該市場概況<前年比伸長率×コメント・
キーワード×当該単年売上規模 クロス><N=23>
・「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」ベンダ×価格定義&具体的な価格
指標一覧(26社)
・主要26社における分野・対象別×全体に占める「適用分野(着眼点と
実績)」比率、売上高換算(主要26社)マトリックス一覧
・主要26社における「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」×適用分野 
マトリックス一覧(企業別×適用分野別 星取表)
・主要26社における「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」×適用分野&
対象エリア(着眼点と実績)
 マトリックス一覧 点数化(適用分野有望度MAP:俯瞰図)
・「ICTを利活用したCO2削減」ビジネス 主要ベンダ(26社)当該売上
予測(2009年度~2013年度:5カ年)推移×ビジネスモデルMAP一覧
・当該(ICTを利活用したCO2削減ビジネス)単年売上×算出根拠レポート
(26社)
・「ICTを利活用したCO2削減」ビジネス×深堀実態調査結果・
マトリックス<企業別×調査項目別>(26社全項目+2社部分項目分)

<3>個票(要約) 編
アイフォーコム(株)
イオンディライト(株)
(株)エービル/オムロン(株)
オリックス・レンテック(株)
クオリティソフト(株)
(株)グリーンテクノロジー
グリーンプラス(株)
(株)コスモウェーブ
(株)サーベイヤーズバンク
シヤチハタ(株)
住友精密工業(株)
ソリッドコンサルティング(株)
TCBテクノロジーズ(株)
(株)東芝
東レエンジニアリング(株)
日本アイビーエム(株)
(株)パイプドビッツ
(株)ビーイング
(株)日立ソリューションズ
(株)ピノー
(株)ヒロエンジニアリング
富士通(株)
マイクロソフト(株)
(株)山武
(株)ラックランド

【主要26社 共通項目】
(1)関連/中核プロダクツ(製品)&ソリューション(SI)&サービス概要
   (具体的なメニュー内容や料金体系:平均導入実績価格
<実績ベースを中心に>など)
(2)適用分野・対象エリア(エリア・分野、業種・業務)<比率シェアなど>
(3)ビジネスモデル
   ・ハードウェア販売
   ・ソフトウェア販売
   ・SI
   ・ASPやSaaSなどのサービス提供
   ・コンサルティング
   ・ソフトウェア開発
   ・システム販売(ハードウェア+ソフトウェアの提供)
   ・その他
(4)販売チャネル
   ・直販・間販の比率
   ・代理店名など
(5)開始時期(  年 月)
(6)導入実績(累計数量、単年売上など)
(7)前年比伸長率など(同社における当該販売数量または当該売上に関して)
(8)当該プレイヤー数(合計)認識
(9)参考情報
   ・URL
   ・電話番号
   ・売上高(全社)
   ・従業員数
   ・設立年月
(10)当該ビジネス×売上推移(予測)


■調査対象■
Web上にて「CO2削減」と言及している事業者(プレイヤー)すべてにアプローチし、そのうち「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」を展開していて、且つハードウェア販売、ソフトウェア販売、ソリューション(SI)、サービス提供(ASPやSaaSを含む)、ソフトウェア開発、システム(ハードウェア+ソフトウェア)提供 などといったビジネスモデルの展開を行っているプレイヤー(ベンダ)についてのみ徹底的に深堀インタビュー・分析を行った。但し、「ICTを利活用」してビジネスを展開していないプレイヤーは深堀調査対象外とした。

※1 Co2削減とは =
 省エネを直接的に実現する事、或いは省エネを間接的に実現の為の
支援をする事この2点と捉えた。
※2 IT(ICT)によるとは =
(1)情報機器によること 或いは(2)情報システムによること或いは
(3)情報を活用したコンサルティングによること、この3点と捉えた。

■調査方法■
弊社専門調査員ならびに協力会社 専門調査員による電話による取材、並びにメールによる追加的な情報収集、弊社内データベースの活用により調査・分析を行った(主は電話取材であった)。

■調査&レポート期間■
2010年12月6日~2011年1月20日まで深堀調査を実施した。その後レポーティング(集計&分析)を実施し、2011年2月8日に集計&分析ならびにコメント化が終了した。

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850