SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R01A0003

The OECD Health Project

OECD19カ国の介護政策の集大成! 『高齢者介護(日本語版)』報告書

Long-term Care for Older People

出版日 2006年6月
価格
印刷タイプ 2,700円(税込)
ページ数 A4判 151ページ
販売元 (株)新社会システム総合研究所
備考 2006年6月20日発刊

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

レポート内容

翻訳:(株)大和総研 新規産業調査部長 医学博士 浅野 信久 氏

本報告書は、OECD19カ国(オーストラリア、オーストリア、カナダ、ドイツ、ハンガリー、アイルランド、日本、韓国、ルクセンブルグ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェイ、メキシコ、ポーランド、スペイン、スェーデン、スイス、英国及び米国)における最近の介護政策動向を詳細に報告している。
特に介護サービス受給者数の動向、現金給付の形態を分析し、介護プログラムの実践、またサービスの質をいかに改善するかを示唆している。
介護に関わる公的機関、団体・施設、医療機関の職員、研究者及び関連企業の方々まで、高齢者介護に携わる全ての方々のバイブルとして学術、実務的にもご活用いただけるおすすめの1冊。

■ポイント■
・過去10年間におけるOECD諸国の教訓、支出、財政、介護者数などを徹底比較!
・介護の統合化戦略、選択の幅と利用者主体を拡大する政策、及び介護の質を改善するイニシアチィブを焦点とし報告!

序文
はじめに

1.介護プログラムと支出の概要
 (1)はじめに
 (2)介護サービスの特徴
 (3)公的プログラムによる幅広い介護給付
 (4)OECD諸国における介護サービスに対する支出水準の相違
2.一貫した介護にむけて:総合的なサービス
 (1)はじめに
 (2)介護の一貫性
 (3)介護の一貫性を改善するための国の政策
 (4)居宅介護に向けた介護バランスの変化
 (5)ヘルパー支援サービス
 (6)結論
3.介護における利用者主体と選択
 (1)はじめに
 (2)居宅介護を受ける際の利用者主体と選択に関する取り決め
 (3)プログラム設計の側面
 (4)成果(アウトカム):ヘルパーの選択及び介護への支払いに関する経験とは?
 (5)結論
4.介護の質の監視と改善
 (1)はじめに
 (2)介護の質の低下から、何を学ぶか
 (3)介護の質を監視し、改善する努力
 (4)政府における規制
 (5)施設基準と居住の質の改善に係る費用
 (6)結論
5.介護への支払い:改革の現状と将来に向けた課題
 (1)はじめに
 (2)介護における公的プログラムの新形態:
     オーストラリア、ドイツ、日本及びルクセンブルグ
 (3)税による介護の改革:スウェーデン、
     オーストラリア、ニュージーランド、及び英国
 (4)介護における収入及び資産調査の取り組み:
     オーストラリア、ニュージーランド、及び英国
 (5)結論
Annex A
・人口動態及び高齢者の生活環境の変化
Annex B
・19カ国における介護制度の概略

<Boxのリスト>
・用語の定義
・すべての年齢層を対象とする介護制度
・介護費用の将来予測から何を学びとることができるか
・米国における利用者主体型プログラム
・介護サービスにおける一般大衆と利用者の役割を高めるインターネット
<Tableのリスト>
・OECD主要国における主な公的介護プログラム(2003年)
・各国GDPに占める介護支出の割合:公的支出及び民間支出(2000年)
・脳卒中・認知症患者を対象とする一貫した介護における介入
・OECD諸国において:継続的な介護の向上を目指す主な対策
・65歳以上の施設介護及び居宅介護の受給者
・米国における介護福祉施設利用率の低下(1985年から1999年)
・障害を持つ高齢者を居宅支援するための最近のイニシアチブ
・パーソナル・バジェット、利用者主体型介護、及び私的介護への支払い
・介護の質の範囲と見方
・介護福祉施設における介護の質の不足に関する証拠
・介護福祉施設の介護の質に関する政策課題
・居宅介護の質に関する政策課題
・介護福祉施設におけるプライバシー
・5カ国における公的介護給付金
・総人口における高齢者の割合(1960年から2040年)
・高齢者における超高齢者(80歳以上)の割合(1960年から2040年)
・65歳及び80歳における平均余命(1960年及び2000年)
・高齢者における要介護者の割合(1960年から2040年)
・65歳における障害を有しない平均余命(主要国)
・介護受給者と私的介護提供者の関係
・ヘルパーの年齢
<Figureのリスト>
・GDPに占める介護支出の割合:公的支出及び民間支出(2000年)
・介護支出と超高齢者の相関関係(2000年)
・GDPに占める公的介護支出の割合
・公的介護支出総額に占める施設介護支出の割合(2000年)
・施設介護における自己負担の割合
・介護に対する公的支出の動向(1990年から2002年)
・年齢階級別と性別の障害者の割合
・年齢階級別の女性の労働市場への参加率(1980年及び2002年)
・独居高齢者の動向(1990年から2000年)

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850